不登校・引きこもり克服体験記 ~中学は不登校、高校は3日で中退、元引きこもりの社会復帰ブログ~

私は、中学校は不登校、高校は3日で中退しました。基本的には私の体験を中心に私が思っていたことも書いています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

失敗を鮮明に思い出す 不登校・引きこもり克服体験記

4303358500_965156afce_m.jpg

バイトの時の話をちょっと...


中華料理店でバイトをしたことがあるのですが、
結論から言うと、3日で辞める。

私の兄が働いていた所で、
兄に強引に
「面接してくれるように頼んどいたから、行けよ」と言われ、
仕方なく行く。

面接はほとんど覚えていない。
鮮明に覚えているのは、器がものすごく熱かったこと。
ロッカーで一緒に働いている人と話したこと。
みんなで一緒に昼食を食べたこと。
エレベーターの中で、「どこに住んでんの?」と聞かれたこと。

まず食事が苦痛でしょうがなかった。
電車に乗るときにも目を合わせないようなやつなので
円卓に座って食べるっていうのは、地獄だった。

ロッカーで
先輩「兄貴って、年はいくつ?」と聞かれたが、
全然、覚えていない。

自分「あー、○○歳ぐらいだと思います。」
ものすごく適当に言った。

先輩「そんなわけないだろ」

これが初日だったのか、2日目、3日目だったのかは覚えていないが、
この後に辞めている。

「あー、分かりませんって言えば良かったなー」と激しく後悔した。
こんなほんのちょっとの失敗を「大したこと無いよな」と思えない所が
なかなかね(^。^;)

そして、こういう失敗をまた思い出して、考える。
人が失敗したことを思い出す時っていうのは細かい所まで思い出すから、
より細かい失敗まで思い出せちゃう(^。^;)

こういう感じで「物事をやった後」にもストレスを感じていたわけです。
関連記事

| アルバイト | 06:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私の息子も、かなり人の目を気にしていました。私自身も人の目が気になるところがあり、私の遺伝子を受け継いだんでしょうね((T_T))
友達は多かったようですが、いろいろ気を使っていたのでしょうね。不登校引きこもりになる人は、人一倍、繊細で優しい人なのかもしれません。そんな息子の気持ちを理解しようともせず、ひどい言葉を投げつけたり、私はダメ親です。

| ゆみ | 2012/10/12 08:54 | URL |

Re: タイトルなし

> 私の息子も、かなり人の目を気にしていました。私自身も人の目が気になるところがあり、私の遺伝子を受け継いだんでしょうね((T_T))
> 友達は多かったようですが、いろいろ気を使っていたのでしょうね。不登校引きこもりになる人は、人一倍、繊細で優しい人なのかもしれません。そんな息子の気持ちを理解しようともせず、ひどい言葉を投げつけたり、私はダメ親です。

ゆみさん
コメントありがとうございます。

なるほど、遺伝っていうのは少しあるかもしれないですね。
私の母親もあんまり話す方ではなかったです、昔は。
今は昔に比べたら、よく話すようになりましたけど。

| hikaru2034 | 2012/10/13 21:30 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hikikomori458.blog.fc2.com/tb.php/134-72519012

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。