FC2ブログ

不登校・引きこもり克服体験記 ~中学は不登校、高校は3日で中退、元引きこもりの社会復帰ブログ~

私は、中学校は不登校、高校は3日で中退しました。基本的には私の体験を中心に私が思っていたことも書いています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

人といると疲れちゃう 不登校・引きこもり克服体験記

2735206016_be3e97cb19_m.jpg

中学時代は人といるだけで疲れてました(今はまだマシになったほうです(^。^;))


子供に悩まされる親 親にダメにされる子供子供に悩まされる親 親にダメにされる子供
(2003/05)
伊藤 幸弘、佐々木 正美 他

商品詳細を見る


不登校にもいろいろなタイプがありますよね。

非行だったり、怠惰だったり、いじめだったり
まぁ、この方の本を読んでいると、こういう風に分けるのが意味があるかどうかは
分からないですけど...。

この本の中に事例が出てくるんですけど、
不登校=友達が少ないって思いますよね?
おとなしくて、人に優しく、あまり話さない。

その事例の生徒もそうだったんですけど、
友達は多かったそうです。
私もそうなんです。

私とその事例の生徒の共通点は「自分の意見を言わない」ってことです。
いや「言えない」っていったほうが適切かもしれません。

他の人から見たら明るく見えたと思います。
うちの親と教師が話しているのを聞いたことがあるのですが、
教師「休み時間に友達と仲良く話してますよ」
教師「何で行かなくなるのか、分からないんですよね」

その明るくするのが疲れたわけです。
気を遣うのが。
友達は多かったけど、友達といればいるほど孤独を感じてたわけです。

簡単に言うと、人を信じていなかった。
でも信じたかったって感じだと思います。

子供に悩まされる親 親にダメにされる子供子供に悩まされる親 親にダメにされる子供
(2003/05)
伊藤 幸弘、佐々木 正美 他

商品詳細を見る

関連記事

| 管理人おすすめの本 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hikikomori458.blog.fc2.com/tb.php/131-1024a00f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。