不登校・引きこもり克服体験記 ~中学は不登校、高校は3日で中退、元引きこもりの社会復帰ブログ~

私は、中学校は不登校、高校は3日で中退しました。基本的には私の体験を中心に私が思っていたことも書いています。

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

このサイトについて

このサイトは中学は不登校、高校は3日で中退を経験したことのある私の実体験に基づいています。そしてなるべく詳細に不登校・引きこもりをどのようにして克服したかを書いていこうと思っています。



一般的な理解として、不登校は本人の甘えや怠惰などとされています。「そうじゃないんだー」と大きな声で言いたいところなのですが、正直なところ分かりません。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれないとしか私には言えません。なかなか他人に理解されにくいのが不登校の特徴でもあります。そのため孤独になりやすく、周囲の人間を敵視してしまいがちになる人もいると思います。(少なくとも私はそうでした)

正直に言うと、この不登校や引きこもっていたことについて書くのは気が重いんです。なぜかというと、私は特に不登校や引きこっていたことをを隠してはいないので、(かと言ってべらべら話すこともありませんが)友達は私の過去を知っているのですが、友達でも知っていることと知らないことがあるからです。私は人のことを憎んでいたので、読んでも暗くなるだけかもしれません。

ではなぜ私が、このように不登校や引きこもっていた過去を書くかというと、理由は二つあります。一つ目は同じように苦しんでいる人がいるというのを知ったからです。しかし、私のブログを読んで「自分とは違う」「自分には関係ない」という方もいるのではないかと思います。でも、少なくとも自分の経験した過去を読んでいただいた人の中には「役に立った」という人が何人かはいると思っています。

二つ目はデメリットがあるからです。私は不登校とか引きこもりを肯定も否定もしていません。ただし、軽々しく「それは良いことだよ」なんて言うことは出来ないです。なぜかというとデメリットがあるからです。あとでも触れますが、私は高校を3日で中退してます。そうすると、履歴書に書けないんです。それと空白の期間というのが約3年間ぐらいあります。そこを説明するのが結構、大変なんです。だからと言って、「行かなきゃダメだよ」とも言えないです。なぜなら私はそう言われ続ける辛さが分かるからです。

最後に、一日でも早く不登校や引きこもりから脱出できることを願っています。
関連記事

| 初めての方へ | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hikikomori458.blog.fc2.com/tb.php/1-a4824f18

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。